本文へスキップ

運送・倉庫・発送代行・産業廃棄物収集運搬・酒類卸売小売(通信販売)

TEL. 03-3528-1051

〒135-0062 東京都江東区東雲2-12-23

イタリア出張レポート 2011年REPORT

トマト缶工場へ 〜 カンパーニャ州 〜

     

トマト缶工場を訪問しました。
こちらの会社はトマトをはじめ、ナス・パプリカ・メロンなどの野菜を生産している社員3000人という大きな会社です。

まずは会長さん自ら運転する車に乗って畑を案内してもらいました。

見渡す限り写真のようなハウスがたくさん!
なんと約100万uという広大な畑を所有しています。

収穫の時期をずらしているため、あと2週間で収穫するハウスから、苗を植えるために土を慣らしているハウスまで様々でした。

7・8月は一番忙しい時期で皆さん休みなく働くそうです。イタリア人はみんな夏休みが長いと思っていたのでとても意外でした。
写真はトマトのハウスです。
ハッとするくらい真っ赤な色のトマトでした。
一枝にたくさんの実を付けている様子はまるで葡萄のよう。

収穫間近のトマトを試食させていただきましたが、皮がサクッとして甘くて美味しかったです。
日本で食べられないのが残念!
広大な畑にある数え切れないハウスは、全てコンピューターで管理されているんです。これもまた?意外でした。

この管理方法はドイツ人の指導で行われているそうです。そう聞くと納得です。
だからといってコンピューターに全てをまかせているのではなく、収穫したり枝を剪定したりするのは人です。

受粉もできるだけ自然に近い形を目指しているようで、1つのハウスの中に1箱ミツバチの巣が入れてありました。

この日も暑い中たくさんの女性達がハウスの中で働いていました。
私たちも中に入れてもらいましたが本当に暑い!
でも皆さん陽気に働いていたのが印象的でした。
工場内はとても広く、清潔で整理整頓が徹底されていました。
作物の種類ごとにグループに分かれた社員さんたちが、ベルトコンベアから流れてきた作物を検品したり箱詰めしたり、とても忙しそうに働いていました。

今回の訪問でとても気さくな方々が真面目に愛情をこめてトマト缶を作っているのを目の当たりにし、美味しいのも納得でした。

特に会長さんは社員3000人の大企業の会長なのに、会社の事を一番把握しているし、いつも自ら運転する車で広大な畑を見て回り、自分の子供のように気にかけているのだそうです。
さらにファンになりました。


オリーブオイル工場へ 〜 トスカーナ州 〜


昨年に引き続きオリーブオイルの生産者PASQUINI社を訪問しました。

改めてPASQUINI社について。
PASQUINI社はトスカーナ州レッジェッロ地区にあります。写真の看板にオリーブが描かれているように、レッジェッロ地区はオリーブオイルの名産地として知られています。
なぜならレッジェッロ地区が400mの高台に位置し、寒暖の差が出やすいなどの良質なオリーブが育つ好条件が揃っているからです。
そんなオリーブオイルの激戦区で、こちらのPASQUINI社はレッジェッロ地区オリーブオイルコンテストで金賞を受賞している最高品質のエキストラバージンオリーブオイルの作り手です。
トマト缶工場とは違い、家族経営のアットホームな会社です。

訪問した時はちょうどオリーブの花が散り、実が膨らみ始める時期でした。

オーナーさん、今年のオリーブの出来も良いと言っていましたよ。
トマト缶工場でもそうでしたが、みなさんとても優しい目をしていたのが印象的でした。

味は人の優しさと比例するのでは?!

     

ワイナリーへ 〜 トレンティーノ=アルト・アディジェ州 〜

     


今回の出張の一番の目的である白ワイン探しのため、トレンティーノ=アルト・アディジェ州にあるトラミンへ。

トレントの北、ドロミテ渓谷の入り口であるボルツァーノから南に55kmにある南チロル地方の小さな村です。

オーストリアとの国境がすぐなのでドイツ語も公用語として使われています。看板などはイタリア語・ドイツ語の両方で表示されていました。

たまたま到着した夜がお祭り(何のお祭りだったかは謎のまま)の日で、チロル地方の踊りを見ることができました!
トラミンは人口3000人ほどですが、ワイナリーがいくつもあるほどワイン造りが盛んな村です。

その中で3つのワイナリーを訪問し、試飲をさせていただきました。
ピノ・グリージョ、ミュラー、シャルドネ、メルロー、カベルネ、ピノ・ノワール・・・
初めてゲヴェルツトラミネールというトラミン発祥と言われている葡萄を使った白ワインも試飲しました。

どれも香りが素晴らしく、外で飲んでも香りが飛ばないんです。もちろん味も素晴らしかったです。

今回本当にたくさんの白ワインを試飲し、輸入したいと思うワインの方向性が見えた気がします。
     
今回イタリア出張へ行かせていただき、肌でイタリアという国を感じることができました。
貴重な経験をさせていただいたことに感謝です。


※出張記に出てくるオリーブオイル・トマト缶は、現在丸中で扱っているものではありませんので予めご了承ください。

バナースペース

株式会社丸中

〒135-0062
東京都江東区東雲2-12-23

東京ビックサイト隣り
りんかい線東雲駅より徒歩3分

■配送に関するお問合せ
TEL 03-3528-1051
FAX 03-3528-1061

■倉庫に関するお問合せ
TEL 03-3528-1055
FAX 03-3528-1061

■ワインに関するお問合せ
TEL 03-3528-1065
FAX 03-3528-1062
E-mail shop@n-marunaka.co.jp

    





イタリアワイン専門店Grazie
楽天市場店



20歳未満の者の飲酒は
法律で禁止されています。
20歳未満の者へのお酒の
販売は
いたしておりません。




株式会社丸中はバルドラール浦安
F.S.のオフィシャルスポンサーです